--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




12.15
Mon
blog_01.png

盛大に遅刻してしまいました。なんてこった。でもめげない!
12月12日は私と旺が出会った日でした。一周年記念日です。

一年前と同じ服と髪型で再び旺に付き合ってもらいました。
あの頃とは旺との関係や私が旺に向けていた視線の意味も変わりましたし、
どれくらい変化したのかいっちょ確認してみたくなって。
まず思ったんですけど、なんていうか一年前より撮影技術落ちてないか…?自分大丈夫か…?

最初の頃に比べると、旺は随分と挑発的というか小生意気な表情をしてくれるようになりました。
自信ありげな不敵な笑みがよく似合う男の子になってしまいましたね。とてもいいと思うぞ。
ちなみに誕生日プレゼントにはソファを贈呈しました。金に物言わせる駄目なオーナーでした。


blog_02.png

旺、当初は16歳くらいのイメージだったんですが、思った以上に精神的に熟しているというか、
17歳くらいでも違和感ないので、とりあえず誕生日だしひとつ歳をとったということで。
雨塚旺くん17歳です。ライと同じ歳になりました。まあライは今のところ永遠の17歳なんですけど。
旺もきっとこれからはサザエさん方式採用になるかと思います。
二十歳の旺とかめっちゃ見てみたいけどな!美男子待ったなしだな!


blog_03.png

思い返せばというか、何度も思ってることですけども、最初こそ双子の片割れとしてお迎えしたものの、
旺という人格を確立していくにつれてどんどん双子との差異が広がっていって。
きっともう二度と、お迎え当初のようには撮れないだろうなと思ってます。
単純に技術の低迷もあるとは思うんですけど、何よりもあの時、双子というフィルターを通してシャッターを切っていたことが大きくて。
そのフィルターも、いつだったかの日に、旺は旺のままでいていいんだよ、いてほしいなって思った時に、きっと外れてしまっているはずなので。
鋭い冷笑も確かによく似合う子ではあるんだけれど。格好いい旺ももちろん大好きで胸が高鳴るんですけれど、
でも、同じくらい、楽しそうに笑ってるあどけない顔が撮りたいなと今は思ってます。
たまに見せてくれるよね。あっ、て思った時にはもう真顔に戻っちゃってるけど。
いつかでいい。信頼ゼロの今でそんな顔してくれる方が奇跡だと思ってるから、いつかでいいんだけど。
いつか、満面の笑顔見せてほしい。ゆっくりでいいから。


blog_04.png

来年の12月12日も、その次の年も、そのまた次も、私の傍に旺がいる未来が変わらずあればいいと思います。
たくさんの人に気にかけていただけて、きれいだねと褒めてもらえて、興味を持っていただけて。
旺に掛けていただいた言葉が本当に嬉しかったです。
これからも旺をどうぞよろしくお願いいたします。
新しい一年で、旺の魅力をもっともっと伝えられるように、もっと旺を好きになっていただけるよう、
私もどうにか精進していくつもりです。


blog_05.png

旺も、いつも本当にありがとう。
うちにきてくれてありがとう。
お誕生日おめでとうございました!




※以下、誕生日と一切関係のない話です。双子に関する独り言で、かなり陰鬱としてます。
ぐるぐる考えすぎて胃が重くなってきたので吐き出したいです。すごく身勝手な話。許してください。写真は一切載ってないです。


続きを読む

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
08.03
Sun
IMGP5388.png

Twitterを見てくださってる方にはお伝えしていますが、
今まで“雨塚”と呼んでいた彼の名前が変わりました。
雨塚は名字扱いとなりまして、
新たに“旺(あきら)”という名前が彼のものになりました。
これからは雨塚旺が彼の名前です。どうぞよろしくお願いいたします!


IMGP5393.png

旺の名前が変わるきっかけを話すと長くて重い話になってしまうんですが、
とりあえずそれがこのブログの趣旨ということでひとつお願いいたします…(笑)
イベントレポ等のお祭り事以外では、あんまりブログでハイテンションな記事を書くことはない気がします。
どちらかというと、ずっと頭の中でどろどろになるまで煮詰めた思考を、
記事という名の瓶に詰めて置いておく感じに近いです。
あんまり考えずにテンションに任せて騒ぐのはだいたいTwitterなので、
そこらへんでブログとの差異をはかりたいですね!(笑)



旺にもう一度名前をあげようと思ったきっかけは、彼のモデルになった雨塚兄弟という双子です。
元々旺は、いつか雨塚兄弟の片割れとしてリライトするつもりでした。
いつか来るその日のために、彼と私の道しるべになるようにと、双子のルーツである名字を彼に与えました。

ですが、日が経つにつれて彼は少しずつ私の思い描く双子から離れていきます。
双子よりも甘え下手で、双子よりも素直で、双子よりもひたむきで優しい男の子になっていきました。
同時に私自身も少しずつ、けれど確実に、双子とは違う彼に愛着が湧いてしまいました。
完全に双子と別人とは言い切れないのも事実ですし、旺が持つ優しさは双子が本来持っていた優しさでもあります。
双子が見せたがらずに隠してきた、弱くて柔らかい部分を表に出したのが旺なんだろうと。
ただ、あくまでそれは今だけの話で、双子はしなかったことを旺はしているということは、きっとそういうことです。
おそらく、これから先もどんどん旺は変わっていくんでしょう。

旺を迎えた当初、私は彼を「いつか双子の片割れになる存在」と信じて疑いませんでした。
今はすごく躊躇しています。
彼の今までとこれからを上書きしてまで双子を求めることに、どうしても前向きになれませんでした。
あんなに双子のことが好きだったのに、愛おしくてたまらなくて、そのためにドールに手を出したのに、
うっかり彼に愛着が湧いてしまって、どうしても可愛くて、双子が好きなのに彼を否定できなくて、
どっちも好きなんだというまるで浮気者の言い訳に、自分の尻軽っぷりを実感して打ちのめされ。
それでもどちらも諦められなかった。
最終的に出した答えが「双子は双子としてちゃんと同時にお迎えする」「ただしドールカーストの最上位は旺」ということでした。


となると、旺にとって“雨塚”という名前は自分のアイデンティティを揺るがすものにしかなりませんし、
私自身彼の名前を呼ぶたびに双子を思い出してしまって、きちんと彼だけに向き合うことができません。
顔も、性格も、好き嫌いも考え方も、私が彼に向ける感情も、
旺が持つものはすべて双子から引き継いだものです。
これから変貌していくにしても、最初から彼だけのものではありませんでした。
だからこそ、双子に似ているからではなくて、彼が彼だからこそ好きになって、
彼の存在を消すことに戸惑って躊躇したことを知ってほしかった。彼自身を愛していることを伝えたかった。
だって彼は、私があんなにも焦がれた双子の要素を持ちながら、どこか決定的に違っていて、
それなのに私は失望するどころか、こんなにも彼に情を感じてしまっています。
雨塚という名前を取り払わなかったのは、雨塚という要素を持ってして尚、
彼は彼らしさをつくり上げたということを忘れたくなかったからです。

とは言っても、どうしたって私は双子のことも死にそうなほど愛していて、
旺を一番に考えるということは約束できないのが現状です。
仕事のために旺との時間を犠牲にすることも多いですし、旺のためだけに生きることは難しくて。
それでもこの先ずっと一緒にいたいと本心から思うし、私に一番近いところにいてほしいのも、やっぱり旺です。
旺が欲しがるだけ与えてやることはできないけれど、私なりに旺を愛してることを、
愛したいと思ってることを、彼の名前を呼ぶ度に彼と私が感じられるように。
彼だけの名前を受け取ってもらうことにしました。


……まるで書き終わる気配がしないので、続きは折り畳むぜ!


続きを読む

comment 0 trackback 0
05.11
Sun
IMGP5159.png

お久しぶりです、鳴海です〜!
忌々しい広告をやっと消せました……更新してなかった私が全面的に悪いんですけどもね!!
環境が変わって色々と苦戦中です。
今まで以上に趣味に使える時間がなくなってしまって歯ぎしりが止まらない状態ですが、いつか慣れると信じて頑張ります…orz
というわけで今回はサボってた分写真若干多めです。

時間がないと言いつつもGW中は休みだったのでどうにかドルショも行けました!
急ぎ足だったので一時間ほどで出てしまったのですが、それでも楽しかったです〜!
上の画像で雨塚が被ってるハットとアクセサリーもドルショでの戦利品でした。一目惚れ!


IMGP5175.png

シック且つ可愛らしさのあるハットで、なんとなくアリスの帽子屋を思い出しました。
時計と歯車の組み合わせって好物なんですよね…!あと薔薇のパーツ。スチームパンクとかもいつか手出してみたいです。
しかしディーラー名を失念してしまい…。他にも懐中時計を譲って頂きました。
本当に素敵だったのでまたイベントで再会したいです…ぐぬぬ…!

急ぎすぎたせいでディーラー名も控え忘れるし戦利品の集合写真も撮り忘れるしで
自分は頭の作りがほんと残念だなって改めて実感したイベントでもありました。それでも大満足です。
他にも戦利品ゲットしたので、機会があればお披露目したいと思います〜!


IMGP5125.png

ちなみにこの雨塚さん、ライっぽくしたくて長髪紫目にしてみたんですが
思った以上にライとイメージが違ってて面白かったです。


IMGP5086.png

雨塚のお迎えレポの記事でもライのことを書きましたが、個人的にライに対しては凛としたクールさを感じています。
雨塚の場合、クールでもどこか陰のある印象だなあと。ライは直線で雨塚は曲線な感じ。
雨塚はやっぱり女性的で、ライは男性的なんですよね。性別交換した方がいいんじゃないかこの二人。


最近、雨塚を双子に戻すことに戸惑いを感じてまして。いっそ双子は双子でLanceくん二人同時に呼びたい。
ただ、雨塚と双子は共存できないので、そこら辺の矛盾を解決してくれる魔法を必死に探してる状態です。
いっそドールは雨塚だけにしようかとも考えたこともあったんですが、踏ん切りが付かず…。
無意識に雨塚だけじゃなくライ用のアイやウィッグや小道具探しちゃってるんですよね。
だからもうライのことについては大人しくお迎えする方向でドリズム待ちたいです。あるんだろうか…。



話は変わって、土曜日に池袋のコセットさんで雨塚と撮影してきました〜!
折り畳みでひとり反省会です←

続きを読む

comment 0 trackback 0
02.06
Thu
IMGP4608.png
雨塚さん読書中。


最近気温の変化が激しいですね。
「昨日は暑いくらいだったのに今日めっちゃ寒いナニコレ風邪引く」って動揺しまくりでした。
インフルエンザの時期でもあるので、用のない日はずっと家に引きこもっていたいんですが
家にいても寒くてどっちにしろ風邪ひきそうです。既に鼻がヤバイ。
先日ぱらぱらと雪も降ってきました!風物詩は風物詩で楽しみつつ、体力持ってかれないようにしたいですね。



IMGP4616.png

雪繋がりで一緒にお披露目。1月下旬に「Add to Beauty Cloth」様から豆本の「雪の女王」をお譲り頂きました。
すごいんですこれ。ちっちゃいながらもきちんとハードカバーで(しかも丸背!)、そんでもって表紙は金と銀の箔押し!
どうやったんだこれ!って雨塚そっちのけで食い入ってしまって、本来持ち主になるはずの彼の視線が痛かったです。
自分で箔押しやるとなるとレーザープリンターとか使わないといけないので、どうにも敷居が高いんですよね。
でもいつかやってみたい…憧れ…。


IMGP4610.png

雨塚は元々本や映画などにはまったく興味がない子でして、生きてて楽しいんかってくらい無趣味な子なんですが、今回の雪の女王は
「悪魔が鏡作ったら、美しいものや優しいものは消えそうなくらいちっちゃくなっちゃって
反対に汚いものや醜いものはやたらデカく目立って見える鏡ができたよ!」
っていう導入が雨塚にウケたみたいで、今のところはわりと楽しんで読んでる感じです。歪んでるなー!(笑)
読み始めたばかりだから今後どういう展開するのか分からないんですけども。私もちょこちょこ読んでいきたいです。


IMGP4631.png

あと最近雨塚が腕で飼ってるネコ。
先日渋谷のハンズギャラリーマーケット行った時に一目惚れしてお迎えした
「ぐにゃにゃんこ」シリーズのミケさんです。ネコまがり町一番人気のネコさんらしいよ!


IMGP4634.png

公式さん見る限り結構まったりしてるはずのミケさんなんですが、何せ飼い主が雨塚なもんで常に緊張感あふれる日々を送っているそうです。
ミケさん腕にしがみついてても雨塚まるで気にしないから……。
でも気まぐれな雨塚にがんばって巻き付くミケさんが可愛いので特に何もせずニヤニヤして見てます。
ちょうど今の雨塚猫目だし、ネコネコしくていいんじゃないかな…(笑)



ちなみに2月といえばバレンタインデーですね。
今年はバレンタインと卒業制作の審査(作品が卒制展に出せるレベルかの審査)がダブルブッキングしてるせいで
当日はバレンタインどころじゃないので(悔しい!!!)、一足先に雨塚にバレンタインの贈り物しました。
雨塚甘いもの好きじゃないのでチョコあげても喜ばんだろうなと、アクセサリーを贈呈。


2.jpg
※チョーカーなんです

貴和製作所行った時に適当に見繕って作ったので時間も掛けてない上クオリティもお察しなんですが
そこらへんの適当さが雨塚には筒抜けだったようであんまり喜ばれませんでした。
今度はデザインからちゃんと考える…。


IMGP4653.png

一応着けてもらって写真撮ったんですけど、雨塚のやる気のなさっぷりが。
「はやく終わらせて寝たい」オーラが半端なかったので数枚撮って諦めました。微妙な表情しかしてくれんかった。


IMGP4683.png

普段雨塚的には得意なはずの若干俯瞰の正面アングルも、なんだか「うーん…」な感じでした。


IMGP4702.png
「まだ撮るの?…いい加減だるいんだけど」

上のセータの写真と同じ時に撮ったので、雨塚も私も疲れてたのもあるんだろうなと思います。
雨塚が機嫌のいい時に撮影リベンジしてツイッターにでも上げたい。不完全燃焼ツライ…。

しかも卒制関連でダブルブッキングしてるのバレンタインだけじゃなくてアイドールもなんですよ。
イドル行けないことに最近気付いてしばらくへこみました。行く気満々だったのにイベント運なさすぎるよ!
大人しく貯蓄に回そうと思います…ちくしょう…。

というわけで二月三月は修羅場続きそうなんですが、アイドール参加予定の方は是非楽しんでいってくださいね!
そしてお風邪召されませんよう体調にはお気をつけて〜!



comment 2 trackback 0
01.09
Thu
153.png

あけましておめでとうございました(震え声)
うちのデジタル一眼さんの新年初撮りは歯ブラシでした。悲しすぎる。
でも、ちゃんと新品の歯ブラシ買って撮ったから…!

今年も気ままにのんびり過ごしていきたいな〜と思いつつ、
創作やドールについても色々とチャレンジできる年になればいいな〜とも思っております。
とりあえず雨塚の片割れをお迎えすることが最優先の目標かな!お金ないんですけどね!ヤバイ!
あと本家の双子でMMD作りたいですね。そんでセクシーなダンスさせたいゲヘヘ…。
というわけで今年もどうぞよろしくお願いいたします〜!


IMGP4169.png

サイドアイ雨塚が思いのほかツボでなかなかアイを変えられないです。
ていうかアイの交換に物凄く苦戦したんですが、ドールってそういうものなの…?
色々と初めてで比較対象がないせいでよく分かってないんですけど、あんなに力仕事なの…!?
フルスロットル不器用なのでいつか雨塚の顔面に傷を付けるんじゃないかと戦々恐々としてますorz


IMGP4206-2.png
「役立たずな指なら折るからね」

実際折られたらたまったもんじゃないですが、まあ雨塚なら仕方ないなと思う程度には今日も元気に雨塚厨です^q^

ちなみに白いお花は昨年末に友人と遊んだ時に頂いたんですが、
お花のみならずRingdollさんとこの衣装まで雨塚にプレゼントして頂きまして…!!目玉飛ぶかと思った…。
友人は創作仲間でドール者ではないんですが、ドールとしての雨塚のことも見守ってくれていて本当に頭が上がりません。
雨塚自身も頂いた衣装が気に入ったらしく、試しに撮影してた時やたら表情が良かったです(笑)
どうせなら全身ちゃんと撮りたいな〜と思ってるので、諸々の環境が整ったら衣装お披露目したいです〜!

そして今月13日はドールショウですね…。私は行けませんです。世の中クソだな。
一応学生の身分なので課題があるんですけど、10日までに重い課題が落ち着けば、
あと雨塚の外出用の鞄とか靴とかが調達できたら行けるかな〜と思ってたんです。
そんな感じでなあなあでやってたら、当然ですけど修羅場全然落ち着きませんでした。
なんか…製本とか業者さんに頼む予定だったのに、本の判型が対応してなくてまさかの手製本っていう…。
しかも表紙用紙とかも取り寄せで…普通に間に合いませんでした。
もっと先に調べとけよって話なんですけど、ほんと…これだから…!orz
ドールショウ参加される方はぜひ私の分も楽しんでいらしてください…!
5月のドルショは絶対参加してやる!チクショー!!


…ひとしきり嘆いたので切り替えますね(笑)
以下折り畳みではタイトルの通り雨塚のフェイスアップとお迎えレポです!バカみたいに長いよ!
あとウィッグ付けてない&すっぽんぽんな画像が出てくるので注意です。

続きを読む

comment 4 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。